JapaneseEnglish
Change to English above・ 10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
Change to English above・ 10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
カート 0

テマリシャス、夏休み子ども手まり教室開催報告!

ALL 手まり

今年も暑い夏、テマリシャス子ども手まり教室を開催。

子どもの夏休みの1日の記憶に、手まりをつくる「おばちゃん」として残るとしたらこの上ない幸せ。

今回は3歳から小学校6年生まで参加してくれました。4歳からとなっていましたがお姉ちゃんと一緒に来てくれた3歳児は、立派にできました。

手まり子ども教室の様子がわかればとブログを書いてみました。また、子どもの日や夏休み、長い休みなどの機会に子ども教室を開催しようと思っています。

 

手まり巻き巻きクラス

籾殻を薄紙で巻いて、草木染めの糸で巻くだけなのですが、子どもたちには、けっこうな仕事です。

【色を選びます】

これは得意!迷いはないですね、ほとんどの子が。競争するように選ぶときに、これ自分の!って何色もkeepする子どもも現れましたが、たくさんあるよ、みんな好きな色から最初に巻くよ、何色も変えたらいいよと伝えると、すっとみんなのほうに戻してくれました。

【糸を巻きつける】

最初は秘密の「鈴」を手まりの中に仕込みました。(秘密と言って渡したのでお母さんやお父さんに伝えないかもしれまん。)

紙で包んだ籾殻に糸を巻きつけていくのですが、両手を使います。右手も左手も違う動きをします。メロンの目のように巻きつけていくので、忙しいです。

未就学児はやはり、最初の興奮から巻くだけの静かな時間が訪れて、満足したのか「疲れた〜」といい始めます。

疲れた〜のタイミングで、他の色を勧めます。

そうすると「この色にする〜〜!」とまた興奮しながら巻き始めます。

テマリシャスの手まりの地巻き糸は手でぶちっと切れます。それも試しに3、4、5歳児にもトライしてもらいました。けっこう、大変な力になるんですけど、みんな切れました。

でも、ハサミが目の前にあると「使いたーい!」となって、ハサミにも挑戦しました。

下の白い紙が見えるままで終わった手まりも十分がんばって巻いています。

流石ですが、小学生、特に高学年は本当に綺麗に巻きます。

出来上がった手まりは、子ども力で巻いたものはどうしても緩く巻いてしまうので、ボンドを水で5倍ぐらいに薄めて、全体に塗ってください。

手まりを飾ったり、そこからまた手まりを加工してみたり、自由に遊んであげてください。

 

チャレンジクラス

チャレンジクラスは針と糸を使って模様をつけるクラスでした。

【針に糸を通す】

針に糸を何度も通します。これに慣れるまで、最初は難しくて、先生!を連呼しながらも、自分でがんばったね〜。

【幾何学模様をつける】

手まりの刺繍は「線」なので、最初はまっすぐな線を入れる練習をします。

慣れると高学年は三角△を二つ重ねて、星型にしました。2年生の子でしたが、一筆書きで星を刺繍し始めて、じゃあ、それも挑戦しようと盛り上がりました。

低学年だけど星より、松葉かがりのお花がやってみたいとなり、じゃあやろうと取り組み始めたら、形がうまくいかなくなったので、「蝶」に変身させてあげました。それから「蝶」をたくさん飛ばす〜と一生懸命に蝶をかがって、最初に練習した真っ直ぐの線は、「蝶が飛んだ跡」なの〜となんとも美しいことを教えてくれました。

 

すっごく短い時間ですが、参加してくれた子たちの性格もわかり、もっと一緒に手まりをしてみたいな〜と先生は思いましたよ!

草木染めのお話もちゃんと聞いてくれたね!

また手まりをしにきてね!

 

*保護者のみなさまも是非一度手まり体験教室にどうぞ〜。子どもはよくみていて、親が楽しそうにやっているとやる気スイッチが入るものです。

こちらからご予約できます。

https://coubic.com/temaricious

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


投稿順 新着順