JapaneseEnglish
10月1日より消費税が10%に変わります。10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
10月1日より消費税が10%に変わります。10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
カート 0

草木染め糸屋のお話:秋薫る金木犀の色

ALL 草木染

台風の前、2週間ほど前だったでしょうか、東京で金木犀が香り立ち始めました。

「秋」を告げる金木犀の薫り、みなさん、気づきましたか?

 

さて、今日の草木染め糸屋のお話は、英語でもfragrant oliveと呼ばれている秋の薫り金木犀です。

 

草木染め糸屋のお話:秋薫る金木犀の色

台風の前、2週間ほど前だったでしょうか、東京で金木犀が薫り立ち始めました。

一瞬香ったのにその後、不思議と薫りがしなくなりました。

そして、過ぎ去るのを待っていたかのように、台風の後、急激に金木犀が強く薫り街をその薫りで包むようになりました。

我が家の小さな庭にある金木犀で、テマリシャスでは草木染めをしています。オレンジ色から「花」から染めるのか?と思われがちですが、「葉や枝」を使うんです。花では染めません。というか花を楽しんだ後にしかテマリシャスは染めません。でも写真の通り、この金木犀で染めた色はお花とそっくり!嬉しくなります。

テマリシャスのオレンジは金木犀だけではなく、沖縄からくる福木や北九州や東京でいただく笹で染め上げることが多いです。

オレンジを選ぶとき、どの植物かな?と手にとっていただけると楽しいと思います。どの色もそれぞれに素敵なオレンジを出してくれます。

オレンジはその色や果物の丸い形から太陽を思わせ、精油の世界でもオレンジは勇気付けるときに嗅ぐと元気がでます。(緊張の場面に精油をハンカチに垂らしてと先生に教わった。)

店頭に並んでいる金木犀の色は、去年の花の後に剪定した金木犀で染めた糸です。

今年の分はもう少しお花を楽しんでから染め始めますね。

深まる秋楽しみましょう!

 


投稿順 新着順