JapaneseEnglish
10月1日より消費税が10%に変わります。10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
10月1日より消費税が10%に変わります。10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000JPY
カート 0

草木染め糸屋の話: サルスベリの咲く夏

ALL 草木染

テマリシャス、リカです。

いよいよ梅雨明けか?というところで台風の影響… 皆さんは、夏が来たことを感じる瞬間はありませんか?

 私は毎年同じ場所に咲くサルスベリをみて夏が来たことを感じます。

感じるというより、確認します。

ちゃんと季節は巡っているんだとわかって安心するんですかね。

そして、毎年同じ場所に咲くサルスベリが「白」で珍しいな、可愛いなと好きだったんです。

 

今年はびっくりしました。

気づいたんです…

 

「白」じゃない!

 

立ち止まって、サルスベリを見上げて観察すると、「薄い薄いピンク」なんですね。テマリシャスの薄いコチニールみたいな色。

人間の思い込みや勘違いあは甚だ滑稽なものです。

今年は立ち止まって見たからか、サルスベリが白じゃないわよ、薄ピンクよって伝えてくれたのか、この違いに気づくことでまた新しいサルスベリの咲く夏を味わうことになりました。

令和元年の夏、いよいよ始まりますね。

 

 

 

サルスベリで染まる糸は、テマリシャスでは、一番黒に近い色で、その色に出逢った時の感動を忘れません。

草木染めで黒は、憧れの色の世界。黒って難しいんです。草木染めで黒を出す研究は昔からされています。

真っ黒ではなく、サルスベリの茶が見えるような黒が私は大好きです。

真夏に力強く咲き誇るサルスベリ、夏に花をつけるエネルギーって本当に頼もしい。花の後、是非、観察してみてください、枯れた葉は茶になり、花の後、種が出来るのですが、その種は真っ黒!その黒色が、草木染めで出来る色に近いです。

 

「小さなお願い」

花を楽しんだ後の、剪定するサルスベリの葉を収集しています。

お近くの方で剪定した後の枝葉要らないって方いらっしゃいましたら、ぜひお声掛けください。いただきたいです!

 

 

TEMARICIOUS

拠点:東京都西荻窪。リカとナホが運営する100%草木染糸と手まりのブランド。オリジナルの糸製作、オーダーメイド手まりの販売、自由に手まり作りを楽しむをテーマに東京、大阪、松本、その他国内外で手まり教室・ワークショップを運営。2人とも脱サラ組、西欧東欧に在住経験あり、70年代生まれ。


投稿順 新着順