JapaneseEnglish
10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000
10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000
カート 0

草木染め糸屋: 銀杏色の記憶

ALL 草木染

東京、中央線、西荻窪にアトリエをもつ草木染め糸屋、そして手まりを作ったり、手まり教室をしているテマリシャスです。

ずいぶんと寒くなりました。

草木染め日誌です。

いよいよ桜の木が丸裸になったら、銀杏が黄色の葉を散らし始めます。銀杏の黄色を染めたのは2016年が初めてでした。

あまり濃い色が出ないと聞いていたのですが、ふわふわ黄色の絨毯が広がる公園、いつもの池が黄色に染まる期間限定の風景を見ていたら、その記憶を染めて残したくなって、気づいたら拾い集めて煮出していたのでした。

 

この色を見て、イギリス留学時代に飲んでいたGinkgo (銀杏の英語)のお茶をふと思い出しました。びっくり。私は銀杏のお茶飲んでいたわ〜。当時は紅茶に疲れた時に韓国人の友人に勧められて飲んでみたんです。ほっとする飲みやすいお茶でした。英語で銀杏ってginkgoって言うんだって覚えたのもこの時。

結果、鮮やかな黄色というより、晩秋の落ち着きを持った黄色に染まり上がりました。

銀杏のお茶を飲んで落ち着いたほっとした時の気持ちが糸の色に移り記憶にとどまりました。

みなさんは銀杏の思い出、記憶ありますか?

 


投稿順 新着順