JapaneseEnglish
10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000
10000円以上は送料無料 I Free shipping over 10,000
カート 0

TEMARICIOUS BLOG

西荻窪 テマリシャス 2018年新年ご挨拶と楽しいお知らせ HAPPY NEW YEAR & NEWS

ALL NEWS

西荻窪 テマリシャス 2018年新年ご挨拶と楽しいお知らせ HAPPY NEW YEAR & NEWS

新年明けましておめでとうございます。 今年も皆さまとクリエイティブな時間に溢れた一年を楽しみたいと思います。Happy new year!We are looking forward to sharing full of creative time with you this year, too. 2018年、新年早々からワクワクするニュースをお届け出来ることになりました。We are delighted to deliver you this exciting year at the starting of 2018. テマリシャスのアトリエ兼店舗がお引越しをしてパワーアップします。オープン日は一月下旬を予定しておりますが具体的な目処がつきましたら、お知らせ致しますのでお楽しみに! Temaricious studio is going to move to new location!We’re planning to open it at the end of January 2018 but will keep you posted about the exact date.We’ll be more accessible with the new studio. 新しい場所は、西荻窪駅南口から徒歩1分。最近、西荻窪からお引越しをされ残念に思っていた、素敵で美味しい焼き菓子屋さんモイスェンの旧店舗を引き継ぐ事になりました。 お二人の大好きが詰まっていた場所から、テマリシャス二人の大好きが詰まる場所に。このご縁がとっても嬉しく、これから大切にして行きたいと思っています。 モイスェンさんは新たに仙川で、好きを詰め込んだお店を開店されます!どんなお店になるかと思うと今から楽しみですね。 The new studio is located 1 mins away from JR Nishi-ogikubo station. The tiny post-war style Japanese building used to be our favouritepatisserie Maeuschen that was like a shop...

続きを読む →


西荻窪で広がる手芸で国際交流:自然色の手まり作り

ALL 手まり

西荻窪で広がる手芸で国際交流:自然色の手まり作り

手芸で国際交流。それを体験したのは、10年ほど前、プラハで生活していた際に、もの凄く編み物好きなアメリカ人の知り合いが Knitting cafe(編み物をカフェでやる会)を主催してるからこない?と誘ってくれた時。

続きを読む →


草木染め糸屋: 銀杏色の記憶

ALL 草木染

草木染め糸屋: 銀杏色の記憶

東京、中央線、西荻窪にアトリエをもつ草木染め糸屋、そして手まりを作ったり、手まり教室をしているテマリシャスです。

ずいぶんと寒くなりました。

 

続きを読む →


西荻窪 草木染め屋の休日:紅葉狩り

ALL 草木染

西荻窪 草木染め屋の休日:紅葉狩り

久々の休日に奥多摩に紅葉狩りに出掛けて来ました。西荻窪から1時間ほど電車に揺られると東京?と疑う自然豊かな景色が広がる奥多摩。東京育ちでない私には東京の楽しさがここにもあります。とってもリラックスしました。

見事な燃えるような紅葉の赤色。

続きを読む →


西荻窪 草木染め糸屋:晩秋に香る桜落葉染め Tokyo Natural dyer: Cherry dye

ALL 草木染

西荻窪 草木染め糸屋:晩秋に香る桜落葉染め Tokyo Natural dyer: Cherry dye

皆さんは季節をどう感じながら暮らしていますか?一日の陽の長さから、人々の装い、商店街の飾り、市場に並ぶ季節のもの、様々な瞬間に季節の移ろいは感じますよね。 テマリシャスでは草木から色をいただき、糸に色を移す仕事なので、自然と季節に寄り添って働いています。 晩秋のこの季節、やはり赤い葉は無視ができません。桜の木の下で赤い落ち葉を拾ってきました。 桜の落ち葉染めは大好きな染めの一つです。なんと言っても目に鮮やかな赤い染液。そして、香りです。煮出す際は、桜餅の香りが漂います。 落ち葉を煮出すと赤い染液は日を置くと更に黒赤い染液になります。まるで血のような染液に白い綿の束を入れる際はなかなかグロテスク。 染め上がりは、植物繊維の綿なのでそこまで濃くはならず、ほんのりとした桜の花のようなピンクであのグロテスクな黒赤から想像できない優しい色に仕上がります。 さあ、桜の色でみなさんは何を作られますか?香り残っているかな。 How do you usually realise that the season has changed? It might be length of the day, clothing of people on the streets, high streets illuminations or seasonal goodies in markets. Just imagining, there are many occasions aren’t there? We work closely to the seasons because our natural dying work starts with extracting dye from seasonal plants and transferring the colour into threads. In this late autumn season, we cannot miss red leaves. We’ve collected red cherry leaves that had fallen off from tree.It is one our favourite dye. The red liquid of...

続きを読む →